ふしぎブログ

指圧師・ライター斎藤充博の日記

フリーランスの男「育休」とります

妻が妊娠してまして2月に出産予定です。それにともなって2月、3月、4月「育休」をとることにしました。

 

「育休」といっても、僕はフリーランスです。制度で保証されているわけではありません。単純に「2月から4月まで仕事を請けませんよ」ということになります。

 

3か月間無収入で本当に大丈夫なのか?

3か月間仕事を休んだフリーランスに仕事は再びもらえるようになるのか?

むしろ子育て的に休む期間は3か月間で足りるのか?

 

いろいろ心配はあるんですが、とにかくいったんこれでやってみようと思います。途中で変更するかもしれません。

 

いまはとりあえず休暇中3ヶ月分の仕事を可能な限り前倒しするべく、作業を増やしてます。また、5月以降は育児記事や育児マンガも作っていけたらなと思ってます。

 

なにとぞなにとぞ、みなさんよろしくお願いします……!

 

 

 

タイムスリップして

www.buzzfeed.com

 

たまたま1年半前の記事を読んだ。感染症の第一人者が「コロナでは国内で一人も死なせたくない」と言っている。

 

タイムスリップして、この人に「1年半後には国内で1万6,000人がコロナで死亡していますよ」って言ったらどんな顔するかな。というか、そもそも信じてもらえるだろうか。

表現と解像度

オリンピックの開会式ディレクターの小林賢太郎が解任された。「ホロコーストを揶揄したコントを過去に発表した」という理由である。しかし、実際のコントは「ホロコーストを絶対悪」として捉えている表現であることは明白である。

 

オリンピックの開会式では、各国の選手団が国毎に入場した後に「イマジン」が感動的な演出で長尺で流れた。「イマジンは戦争のない平和な人々の暮らしを望む歌」だが、背景にあるのは「国家を否定する」無政府主義の思想である。

 

……なんというか、このくらいの「粗い解像度」で世間は表現や文脈を捉えているということがよくわかった。どっと疲れた。

ODD TAXIの感想

全話見終わってからの感想です。みんなもこのエントリは見てから読んでね。

 

 

 

 

 

 

最後まで見るとこのアニメに一つの疑問が残る。それは「なぜ小戸川の視点ではないところでも登場人物たちは動物なのか」という点だ。

 

このアニメに出てくる登場人物には魅力的なキャラはいない。書かれているストーリーラインも、社会の貧困や暗部を描き出すようなものになっている。

 

視聴者も、かわいい動物のキャラのアニメでないと、とても見ていられないだろう。たぶん。

 

つまり、人間を人間と見ることができないのは小戸川だけではない。このアニメを見たすべての視聴者なのだ。

 

だからこのアニメは小戸川視点でないところも動物になっている。

 

目を背けるしかない薄汚い現実の中に僕たちは生きているのだと思う。

 

ワクチン打った などの雑談

気がついたら7月になっていた。今年の夏はあんまり暑くないね。

 

そういえばワクチンの1回目を打った。打った場所がマジで痛くなって、手が上に上がらなくなる。巷で言われている副反応とまったく同じだ。

なんというか、自分の体の仕組みはみんなと同じなんだな、と改めて感じる。体の仕組みはベタなのだ。

それにしても、コロナもそろそろ終盤戦であって欲しいんだけど、どうなんだろうか……。

 

マシュマロです。

f:id:fushigishiatsu:20210715084928p:plain

こちらですね。

連載:IoTでスマートな暮らしの関連記事一覧 | PreBell

ありがとうございます! この連載のお陰で家の中がかなりIot化してきています。とくにトイドローンの回が好きですね。完全におもちゃで遊んでいるだけなんで……。実用性で言ったらロボット掃除機がおすすめです。最近はかなり性能が上がっていて、価格もこなれているので、導入まだの人は試してみたらどうでしょうか。

 

marshmallow-qa.com

会話しましょう。おまちしてまーす

スポンサーリンク