ふしぎブログ

指圧師・ライター斎藤充博の日記

コロナウィルスを不安がるだけの文章2

ただ不安がるだけの文章で、ここから特段の学びはないです。5年後くらい、みんなや自分自身がコロナの不安を完全に忘れた頃に見て面白がれるといいな、という気持ちのもとに書いています。

 

__

 

毎日感染者数をチェックしている。絶対数としては、まだ欧米ほどではない。しかし、「伸び率」はすさまじい物がある。特に東京がすごい。

 

さすがにそろそろ大きな対策を打った方がいいのはないのか。そう思っていたら、すごいタイトルのニュースがでてきた。

 

「6日にも緊急事態宣言の準備入り表明見通し」

 

「準備」「入り」「表明」「見通し」……いや、本当にすごい。いまは大変なときなんだなと改めて思った。後世に語り継がれる日本語だ。

 

調べてみると、日本では緊急事態宣言がでても、欧米のように都市の封鎖はできないそうだ。じゃあ、緊急事態宣言が出た後はどうなるんだろう……? あんまりかわらなかったりしてね。謎である。

 

ニュースで見た知識だが、政府がぜんぜん保障のお金を出さないのがすごい。給付を受けるために、大幅な制限がかかっている様子だ(まだ確定ではないことが多いけど)。

 

ツイッターでは怒っている人が多い。僕もふつうに怒っているし、素朴な疑問として意思決定や首相の方針はどうなっているんだろうと興味深くも思う。

 

友達と集まったり居酒屋にいけないのがつらい。ZOOMなどのツールを使ってみて、これも悪くはなかったのだが、逆に居酒屋への思いが募ってしまうこと否めない。

 

居酒屋がこれほどまでに僕たちの心の安定に重要だったとはなあ……。できなくなって初めてわかるということはある。

 

仕事はなぜかここにきて微妙に忙しくなってきた。いまネットを見ている人は多くなっているだろう。メディアとしてはここが力の入れ所なんじゃないかなと思うが、どうなんでしょう……?

週報 つまのお気に入りのシーン

マンガ記事を送付したところ修正依頼があり、急ぎで修正。
昼ご飯を食べ過ぎた。
午後は自分のマンガを進めた。信じられないくらい一日が早く過ぎた。
夜はリングフィットアドベンチャーをする。

 

自分のマンガを進めただけの日。つまり休日である。

いろいろなメディアで対面取材自粛の流れが来ている。コロナがこれだけ広がるとやむを得ないことだろう。ライターによっては直撃を受けている人も多いはず。

僕は取材に頼らないマンガの記事ができるので、いまのところ仕事は減っていないが、この先の見通しがまったくつかない。コロナ後の世界はどうなるんだろう。

不安に感じて、なぜかアマゾンプライムビデオでゴッドタンのマジ歌選手権を見てしまう。くだらなくていいなー。

 

 

このツイートを見て、へえっって思った。

夜に妻と二人でアイスを食べた。

 

クライアントワークのマンガの制作をする日。コロナの影響下で取材に行けないのでマンガ ばかりになる。

 

今日はエイプリルフールだ。コロナだからエイプリルフールをやるべきではない、という意見を見かけたが、それは軽々しく言っていいことではないと思う。デイリーポータルZがちゃんとエイプリルフールやっていて、それがとてもよかった。

 

午後にとあるクライアントから「コロナでお仕事減っていないですか? うちからの発注本数増やしましょうか?」なんてメールが来た。ものすごくありがたい……。

 

夜に安倍総理の記者会見があり、マスク2枚くれるそうだ。わけがわからない。頭がおかしくなりそうだ。

 

仕事は休み。

妻がコミックレンタルでドラゴンボールを読んでいる。ただいまフリーザ編を読んでいる。フリーザの恐ろしさにビビってしまったベジータがガタガタ震えながら泣いてしまうシーンがお気に入りらしく、そこを何度も読みかえしていた。

 

飲みに行けなくてイライラしていたので、成城石井で高いビールを買ってきた。成城石井最高。後で飲もうっと。

 

 クライアントワークのマンガのネームを描く。クライアントの要望をできる限り入れつつ、読み物としても面白い、という状況を目指すが、あまり深く考えないでとにかく進める。どっちにしろビジュアルで一度見せないと、雰囲気わからないし。

 

午後に「マッサージ師だけどライターにもなってみたい」という先生からの相談があった。とりあえずツイッターとかnoteとかで1万フォロアー目指すといいですよ、と伝える。ちなみに僕は1万もない。

 

ZOOMの取材や打合せが増えていると聞いたのでウェブカムを注文する。

 

なんか政府が収入の減った世帯に30万くらい支給してくれるみたいなニュースが出てきた。うちが対象に入るかどうかはサッパリわからないけど、とりあえず、ホッとした。

コロナウィルスを不安がるだけの文章

以下、素人の雑感を不安なままに書き殴った文章なので、情報があまり正確じゃないと思います。でもこういう文章って、5年後くらいに読んだらたぶんおもしろいんじゃないかなと思って不安な気持ちをそのまま出しておきます。

___

 

いろいろな記事を読んで、日本がコロナ対策としてやっていることを理解した。「クラスター」を追いかけるという、ものすごく細かくてテクニカルな戦略だ。

 

https://www.jsph.jp/covid/files/gainen.pdf

↑これがわかりやすい PDFファイルです

 

こんなことを厚生労働省は行っているのか。本当にすごい。実際に日本は欧米などよりもずっと感染者も死者も抑えられているわけで、効果があることなんだろう。

 

3連休明けの3月23日。ネットでは「日本は今すぐロックダウンをするべきだ。さもなくば、2週間後は東京もイタリアのような状況になる」のように書いている人が多かったような気がする。でも23日から10日経った現在の状況から、少なくともあと4日後には、イタリアのようにはならなさそうである。

 

きっと今のところ、この戦略は正しいのだろう。日本が緊急事態宣言を出さない理由も、なんとなく想像できる。

 

しかしこの戦略はクラスターが追えなくなって、クラスターがクラスターを作るようなことになったら、もう通用しない。どこかで戦略の切り替えが必要になるだろうなと思う。

 

その時にちゃんと切り替えるという判断が、政府にできるのだろうか。ここが不安。日本は撤退戦が苦手という印象がある。

 

 

__

 

ライターの仕事。インタビューや取材がやりにくくなって、仕事が激減しているとライターは多いようだ。僕はコロナ以前から、「できるだけ対面取材をしなくても記事が書けるようにしていきたい」という方針を持っていた。

 

例→

【マンガ】メルカリで買った参考書の書き込みに勇気づけられて大学に合格した

 

そのおかげで、仕事は「やや減っている」というくらいで済んでいる状況。

 

しかし先の見通しは暗い。たとえば、メディアのマーケティング設計として「読者を現実の店舗や施設に送客する」ような目的を持っている場合、もうメディアの運営自体が成り立たなくなってしまう。

 

メディア運営の現場ではどう判断しているんだろう。気になるところである。

 

___

 

日本でのコロナは4月末くらいにはいったん落ち着きを見せるのではないか、という説がある(←素人がネットの記事を読んだだけのことなので、あまり真に受けないでください)。

 

そうであってほしい。

 

ただ、仮に落ち着いた後も、対策は続くわけで、仕事のやり方や生活を思いっきり変えなくちゃいけなくなるんだろうなと思う。

 

コロナ後の世界………という感じ。

週報 さぼっていた

週報さぼっていました。先週分と今週分、思い出しながら書きます。

 

取材記事を制作。

 

昨日に引き続き取材記事を制作。だいたい書き終わったけれども1日寝かす。

 

1日寝かしたところ完璧だったために、取材記事を送信。

インタビューマンガの制作に取りかかる。

 

インタビューマンガが完成したため送信。

久しぶりにジムに行く。ジムは衛生的な部分が圧倒的に強化されていた。ひとも少なめ。自分自身も慎重に衛生的に行動する。

 

ロイヤルホストでステーキを食べる記事を制作。すぐに書き上がる。

 

自分のマンガを制作する。これはマンガの賞に出そう。大賞100万円だそうだ。絶対に獲れるので何を買おうか楽しみである。

 

100ワニが炎上する。はっきり言って、文句を言っている人達がおかしいと思う。ちょっと嫌な気分になる。

どうぶつの森の新作が配信されて、つまがやっている。僕もちょっとやってみたのだがおもしろさがわからず。

 

房総半島に一人旅に出掛ける。プレスラボを辞めたので、そのリフレッシュ休暇である。コロナ騒動の最中に旅行に行くことに関して、不安はあったのだが、人がいない地域に一人で出掛けるのだ。いわゆる「三密」には該当しないので、リスクが高い行動ではないだろうと思っている。

 

館山に着いたが、特にすることがなく、ぼんやりと過ごす。最高。

 

房総半島二日目。金屋浜に行く。鋸山という山に登山。ものすごく大変だった。

昼過ぎにフェリーで帰る。夕方には家に着く。

楽しかったが、けっこう疲れた。

体重計に乗ったらしっかりと増えていた。食べ過ぎ。

 

記憶なし。旅行疲れでぼんやりしていたんじゃないだろうか。

 

ギターを教わりに友達の家に行く。うまいビールを飲ませてもらった。

子ども(赤ん坊)二人とネコがいて楽しかった。最高。

 

散髪。

訪問マッサージ。

夜に取材。

妻がドラゴンボールを借りてきたので読む。サイヤ人編からフリーザと戦い始めたくらいまで読む。

週末の東京に外出自粛の要請が出る。

 

午前中だけ編集仕事。午後はお休み。

駅前に飲食店などがオープンしていた。

 

マンガ制作。ほぼ完了した。

ブレイブリーデフォルト2の体験版が出たのでプレイ。

友達と居酒屋に行きたくてしょうがない。しかしさすがに控える。

 

この1週間でコロナ関連の記事を読みすぎるくらい読んだ。いま政府がやっていることを一言で言うと「重傷者を救うために医療機関を守る」という戦略である。あ、二言になっちゃったな。ともかく、自分の生活がいかにシステムによって成り立っているのかを思い知る。

100日後に死ぬワニ 二段構えのオチ

100日後に死ぬワニ、そこまで興味がなかったけど最後の展開を見てものすごく好きになってしまった。

 

100日目のマンガはやたらリリカルで、ワニの「生」を思いやるような余韻に溢れる終わり方になっている。

 

これはいいなあ、なんて思っていたのだが、その次の発表がさらに良かった。

 

「ワニ追悼」と称してとんでもない種類を取りそろえたポップアップストア。

いきものがかりとのコラボソング。

さらに、映画化。

 

「商魂たくましい」なんて言葉をこえた怒涛の展開。さっきまでの余韻を完全にぶち壊している。

 

でも、作者の過去のマンガを見るにあたってこの「余韻ぶち壊し」は意図的なものなんじゃないかと思う。

 

つまり、真のオチは「メディア展開」ということなんだろう。

 

ワニのファンさえも手球にとっていて、最高だなと思った。


f:id:fushigishiatsu:20200321112532j:image

あの桜の風景からの、これですよ。追悼という文字のすぐ隣に「POP」。めっちゃ笑った。

スポンサーリンク