ふしぎブログ

指圧師・ライター斎藤充博の日記

会社員から個人事業主になるひとに

友達が個人事業主になるかもしれないという。アドバイスをまとめていたんだけど、わりと誰にでも共通するような話なので、公開しておく。

読んでみると分かるとおり、このアドバイスにはわりと僕の主観が入っている。でも、そんなに間違ったことは書いていないと思う……。

 

1.確定申告

税務署に行って「開業届」と「青色申告承認申請」をする。何も分かっていなくていいので、何も考えずにこれはすぐにやるべき。税務署に行って「何も分かっていないけど開業届と青色申告申請したい」と正直に言うと丁寧に教えてもらえる。

確定申告は「青色申告」と「白色申告」があるが、事業規模や簿記の知識にかかわらず、必ず「青色申告」にするべき。ここで白色にするとメチャメチャ損します。白色申告は罠。

参考:売上がいくらになったら青色申告したらいい? 税理士さんに聞いてみた | スモビバ!
https://sumoviva.jp/article/1001723

確定申告は自分でやると面倒なので、税理士に丸投げしましょう。一般的な個人事業くらいの規模であれば、10万くらいで丸投げできるはず。

その一方で、確定申告の流れや概念を把握するために、一回くらいは自力で確定申告をしたほうがいいかもしれないも思う。税理士も間違うときがある。僕は税理士がひどい間違いをしていたのに気づいて、申告前に修正してもらったことがある。自分やったことがないとこうしたことにも気づけない。自分で確定申告をするときにはクラウド会計ソフトを使う。

どちらにせよ、領収書や請求書など、ありとあらゆる書類は保管しておきましょう。

売上高が1000万を超えそう、あるいは所得(利益)が600万くらいになりそうだったら法人化をする。

2.健康保険

国民健康保険はアホみたいに高い。できるだけ国民健康保険にはいらない道を探すのがいい。マンガ家だったら「文芸美術国民健康保険組合」など。

参考:健康保険料で損をしてない?フリーランスのクリエイターなら『文芸美術国民健康保険』も検討してみよう。【Webist】 | |Web・広告系クリエイター専門求人サイト
https://webist-cri.com/article/detail/4757

3.年金・資産形成

「iDeCo」「つみたてNISA」「小規模企業共済」がある。「iDeCo」と「小規模企業共済」は仕組みが似ているけど、小規模企業共済の方が圧倒的に制度面で優れている(つみたての範囲内での貸付)があるので、こちらを優先的に利用するべき。併用もできる。

参考:小規模企業共済・iDeCo・つみたてNISA、フリーランスが断トツで最優先すべき積み立てはコレ | Mocha(モカ)
https://fpcafe.jp/mocha/2513

4.その他

・取引先が多くなってきたら請求書作成にオンラインツールを使うといい。「MISOCA」など。かなり便利。

・会社を辞めた次の年から住民税を自分で支払うことになるので、とんでもない額の請求が来るけど、我慢して支払うしかない。

・フリーだと「クレカの審査が通らない」「マンションを借りるときに審査が通らない」なんてことをよく聞くけど、自分の場合は今までそういうことは一切なかった。でも住宅ローンは無理だろうなと思う。

 

豆1キロ買った

このブログは気をつけていないと愚痴や不満ばかりになってしまう。なので今日は意識的に良かったことを書こう。

 

読者が 「買ってよかったもの」と編集部安藤が「本当に読んでよかった本」を紹介! :: デイリーポータルZ

デイリーポータルZのこの記事を見て、豆を買った。「素煎り大豆 1kg 」という商品で、節分の時に投げる豆が1キロ入っている。値段は1200円。安すぎる。

 

1キロの豆を買うと、もう毎日豆食い放題である。昼飯が物足りなかった後に、ポリッ。筋トレの後のタンパク質補給にポリッ。おやつにポリッ。おつまみにポリッ。ビニール袋に入れておいて、外出先でポリッ。ほんと便利。

 

ただの豆なんてたいしてうまくないだろうとみんな思うでしょう。でも、食べると口の中がなんとも言えぬ滋味にあふれる。うまいのだ。その上、多分健康にいい。豆だから。

 

こんなにパーフェクトな買い物、あるだろうか。なくなったらまた1キロ買うと思う。

 

ぜんぜんおもしろくない話

とあるmvnoを使っているが、速度がでない。特に昼ごろに山手線圏内にいくと、とぎれてしまう。

 

そこで、ナンバーポータビリティをしようと思って調べてみたら、「電話」じゃないと解約できないってことになっていた。いままで何度かmvnoを乗り換えてきたんだけど、たいていWebでナンバーポータビリティの番号を発行できたというのに。 

 

しかたがないので、指定された番号に電話をかける。こみあっていて、ぜんぜんつながらない。何度もかけてもつながらない……。どうしたらいいの、これ。

 

そして、この愚痴自体もなんだかおもしろくない。ああ、そういう話ってあるよね~という感じで、それ以上でも、それ以下でもない。

 

試しに妻に話してみたんだけど、ものすごい退屈そうな顔をされてしまった。まあ、そうなるよな……。

 

 

Twitterで流れてくる文章のTIPS

Twitterでときどき流れてくる「文章を書くコツ」みたいなのがある。あれが、もう、ものすごく嫌いだ。たとえば、こういう感じのことが書いてある。

 

・「こと」をとる

・一文は短く

・事実を端的に書く

・形容詞はなるべくつかわない

 

確かにこういうところを見直すと、文章はブラッシュアップされるかもしれない。でもこれって、あくまでも初心者向けのTIPSに過ぎないのだ。

 僕はもっと文章の仕事が欲しいと思っていたころに、こういうTIPSを何かで見て、真に受けてしまった。そのころに書いていた文章は破滅的に悪い。当時も心の奥底では「なんか読みにくいな……」と思っていたが、「いや、プロはこういう文章を書くものだ」と思い込んでいた。

 

・「こと」をとる

→Twitterなどに流れてくるTIPSを見ると、まるで全ての「こと」が取れるように書いてある。でも、そんなのは当然ケースバイケースで、使ったほうがいいことだってある。(←ほらこれね)

 

・一文は短く

→長い文章は、係り受けが遠くなったり、複文や重文になったりしやすい。ここに気をつけさえすれば、長い文でもそんなに読みにくくはならない。

 

・事実を端的に書く

→当たり前だが、端的すぎるのも考え物である。適度な抽象化があった方が読みやすい場合は多い。だいたい、抽象をあつかえるのは文章のいいところだろう。

 

・形容詞はなるべくつかわない

 →これは「事実を端的に書く」の派生だと思う。ものすごく簡単な例をあげると、「熱いコーヒー」と書くか「90℃のコーヒー」と書くかは、文脈によって変えた方がいい。



・接続詞はなるべく使わない

→使った方がいい場合もある。

 

僕はライターをして暮らしているけど、こういうTIPSを守るだけで文章がよくなるなら、苦労しない。その一方で、自分の文章をいままでまったく気にしていなかった人が見直すなら、確かにこういうところからだろうな、とも思う……。

 

そこで、中級者向けの文章の書き方の本や指南って、もっとあってもいいんじゃないだろうか。ないのかな。

結婚4周年、同棲7年

先週、結婚記念日があった(3月9日)。4周年である。毎年結婚記念日にはちょっといい外食をしている。でも今年は寿司と刺盛りをテイクアウトして、家で食べた。

 

それにしても4年か……。同棲期間を入れると7年間。けっこう長いこと妻と一緒に暮らしている。同棲を始めたときは、仲悪くなって、お金もなくなって、破綻する可能性高いな……と思っていた。

 

まあ今後も、仲悪くなったり、お金がなくなる可能性は常にあるのだが、7年一緒にやれたというのはすごい。

 

そんなふうにゴチャゴチャ思いながら刺し盛りと寿司を食べた。量がめっちゃ多くて、お腹がパンパンになって、次の日ロクに食事がとれないほどだった。

 

 

スポンサーリンク