ふしぎブログ

指圧師・ライター斎藤充博の日記

 同人誌「BLってなんだかわからないから自分を素材に作ってみた」「ロックンロール短歌」通販中

自分が主人公のBL小説を作りました

同人誌を作りました。

 

テーマはずばりBL。しかも僕(斎藤充博)が主人公です。

 

 BLって書店ではかなり大きな扱いになっていますよね。インターネット上でもよく断片的に見かけます。

 

でも、今までちゃんと触れたことはなかった。「盛り上がっているらしいアレって一体何だろう……」という気持ちがずっとあったんです。

 

そこで思い切って、BLの世界に自分を投入したら、内側からBLを理解できるのではないか。これが今回の試みです。

 

実在する人間を勝手に物語に使うことはタブーです。本人に迷惑がかかるから。でも自分を使えば何の問題もありません。

 

自分が主人公のBL小説を、知り合いのBL小説家(いろんな知り合いがいるな)に書いてもらいました。 

 

できあがった物を読んだら、超おもしろかった。僕のことをものすごくよく調べて書いてくれて、かなりリアルな内容になっています。でも、BL。虚構と現実の境目がとろけるような、不思議な感覚です。

 

あまりに素晴らしかったので、妻にも読んでもらって「書評」を書いてもらいました。本書に収録しています。多分これも前代未聞なのではないでしょうか。

 

本にするにあたって、他にも同人誌制作仲間を募ってみたら、たくさんの手が上がりました。みんな好きなんですね。写真集、マンガ、評論などが加わり、バラエティに富んだ内容になりました。

 

創作BLのネタになる人たちには、僕が許可をとってまわりました。

 

本について

「BLって何だかわかんないから自分を素材に作ってみた」

値段:1,000円

テーマはBLですが、年齢制限無く読める本となっております。

 

 

内容

「男だってBLを理解してみたい」

斎藤充博/エッセイ/3,384字

なぜこんなことになったのか。実はその前にいろいろな経緯があったのです。

 

「dive to BLand new world」

村岸健太/小説/31,524字

居酒屋で玉置豊の顔を見つめる斎藤充博。その瞳は「彼」を探していた。斎藤の気持ちを察した編集部古賀がとった行動は。そして二人は。

人気記事「二人羽織でロックンロール」の創作後日譚。

 

「揺らぐ列車」

斎藤詩織里/書評/1487字

僕の妻が僕出演の小説を読んだ感想。骨太のレビューでありながら、身内にしか書けない内容になっています。

 

「もしも赤ずきんが指圧WEBライターだったら」

米田梅子/まんが/2ページ

f:id:fushigishiatsu:20170928213314j:plain

ほのぼの四コママンガ。おばあさんのお見舞いに行った赤ずきんが見たものとは……。

 

もしも○○○○と△△△がルームシェアをしていたら。

井口エリ/写真集/4ページ

ぽっちゃりとやせっぽちのほのぼの日常系ルームシェア風写真集。ゲストは当日まで秘密です!

 

「デイリーポータル Zにおける BL カップリングについて」

おおたかおる/評論/11,009文字

デイリーポータルZにおける王道カップリングとは何か。腐女子視点で解説。

 

「その感情の正体」

くみこ/小説/11,110文字

赤ソファがハイエナズクラブ会長に抱いていた”想い”とは。リアルなブロマンス小説。マンスーンも出てくるよ。

 

「BLという本能」

斎藤充博/エッセイ/2,112文字

果たして斎藤はBLを理解したのか。ここまでの作品を読んだ後での「BL」への見方の変化。各作品の解説。

 

書影

f:id:fushigishiatsu:20170919143128j:plain

 

通販しています

 

BLって何だかわかんないから自分を素材に作ってみた - 斎藤充博のふしぎショップ - BOOTH(同人誌通販・ダウンロード)

 

 

スポンサーリンク