ふしぎブログ

指圧師・ライター斎藤充博の日記

中華液晶タブレット「HUION Kamvas GT-191V2」を買ったので使用感レポ

 今まで絵を描くのに使っていたのは板タブだった。ワコムのIntuos Proというやつ。でもここ最近、マンガやイラストの仕事が少し増えてきたので、思い切って液タブ買った。

 

タブレット業界は、板タブにしても液タブにしても「ワコムを使っておけば間違いないよ」という世界である。僕も最初はそれを見ていたのだけど、中華製液タブがいくつかのメーカーから出ていて、しかも値段がワコム製の1/3程度である。

 

ネットでよなよな検討を重ねた結果、結局タイトルの「HUION Kamvas GT-191V2」を買うことにした。

19インチで56,000程度。ワコムとくらべると激安。

 

でも不安を感じている人も多いと思うので、同じようにネットで検討を重ねている人に向けて、使い心地をレポートしておきたい。

 

視差はほぼなし

中華液タブを買う人のほとんどが一番気にするのが「視差」なんじゃないだろうか。ペン先と描画マーカーのズレ。

 

ズレはほとんどなくて、もう全く気にならないレベル。

 

強いて言えば、画面の端の方になるとじゃっかん視差が出てくる。ただ画面の端って普通は「ツールアイコン」をタッチするときくらいにしか使わないので、やっぱり使っている分には気にならない。

 

発熱もあんまりない

液タブは発熱がすごいよって聞いていたけれども、この機種に関してはそんなことはない。3~4時間起動していたら、ほんのりあったかいかなってくらいの感じ。

 

放熱する工夫を色々考えていたのだけれども、特に必要なさそうだ。

 

タッチ機能はない

ワコムの液タブはペンとは別に「指」でタッチできるタッチパネル方式らしい。HUIONにこの機能はついていないけれども、絵を描くときに指は特に使わないので必要ない。

 

液晶の色が白っぽい

ここに一番違和感を感じる人が多いと思う。色は全体的に白っぽくなってしまっている。マンガのような白黒イラストを描く分にはなんの問題もないけど、綿密に色を考える人は、別のディスプレイで色を確認しながら作業を進める必要があるだろう。

 

僕の絵柄は色をそこまで気にしないタイプなので、これでも全然いいかなって感じです。

 

僕の絵は こういう感じのやつです。まあだいぶかんたんというか……。

 

スタンドが便利

最初から液タブの角度を変えられるスタンドがついている。別に買うと1万円以上はするので、これも助かる。

 

19インチはちょうどいい

もう少し小さいサイズもあるけれど、19インチでよかったと思う。絵を描くのに十分な広さ。また重さがそこまででもないのがいい。描かないときは机の端に移動してくこともできる。

 

ショートカットボタンがない

この機種にはショートカットボタンがない。そこで左手ツールを買った。

 左手ツールっていろいろな製品が出ているんだけれども、ホイールがついていたり、値段が4,000円程度と安かったりするのがよくて、これに決定。

 

悪くはないんだけれども、ちょっとボタンが少ないかな~という気がしないこともない。

 

液タブ自体にボタンがついている場合とどっちがラクなんだろう? 独立しているデバイスの方がラクなような気がする。

 

ペーパーライクフィルムを買ったらさらに書き心地はよくなった

こういうの。摩擦が増えてかなりいい感じ。ただペン先の減りは早くなるね。

 

絵を描くのが少し楽しくなった

やっぱり自分の見ているところに線が引けるのはいい。絵を描くのがちょっと楽しくなった。板タブはけっこう我慢しながら描いていたんだな、ということにあらためて気づいた次第。

 

疲労感も軽減されたので、絵を長時間描くことができるようになったのもいい。生産性アップだ。

 

次回予告

液タブが安く買えたので、机を買い換えて、ディスプレイアームを買った。 これもすごくよかったのでまた次回報告します。

 

 

 

 

清野とおる賞「期待賞」でした!

清野とおる賞の結果は「期待賞」だった。

 

今回の9つ候補作は全てなにがしかの賞に入っている。あえて順番をつけるとすれば、ちょうど真ん中辺りになるのだろうか。

 

賞金は1万円だった。1万円もらえるのか~。妻と焼肉でも行こうかな。応援してくださったみなさまありがとうございました。

 

1万円はいいとして、この賞を通して「担当」がついた。僕も詳しいことを説明されたわけではないのだが、今後「担当」を通してマンガを見てもらうことができるはずである。たしか、アオイホノオというマンガにそんな感じのことが描いてあった。

 

自分のマンガが商業的誌に「箸にも棒にもかからないレベルではない」ということがわかったので、もう少しブラッシュアップして商業誌掲載への道を目指してみたいと思う。やってやれないことはないような気がするのだ。

 

morning.moae.jp

 

www.moae.jp

清野とおる賞の最終選考に残った

清野とおるエッセイマンガ賞に応募したら最終選考にまで残った。

 

自分のエッセイマンガは自分ではおもしろいような気がしていたものの、マンガ専門誌の人達に通用するようなものではないと思っていた。しかも今回描いたマンガは、賞に応募するにもかかわらず完全に「いつもの調子」である。残れたのはちょっと意外……。清野とおる先生の懐の深さに感じ入るべきところなのだろう。

 

最終選考に残ったことにより担当さんもついた。しかしマンガは厳しい世界だというイメージが強い。これからどうなるんだろう。打合せとかして、ネームをたくさん描いて、ボツになったりするのかな。まだそのへんの話は全然していない。

 

応募先はここから読めるので読んでみてください。

www.moae.jp

 

ついでに投票もしてくれたらうれしいな。

台湾旅行に行った

ゴールデンウィークに台湾旅行に行った。

 

台湾にものすごく興味があるというわけではない。(妻の)長期休暇にあわせてどこか海外旅行に行ってみたいね、ということで行きやすい台湾を選んでみただけだ。でも行ってみたらなかなかおもしろかった。

 

料理がどれもあっさりしている

日本で中華料理を頼むと、たいていしょっぱくて脂っこい。しかしあれは日本人向けにカスタマイズした中華料理なんだそうだ。

台湾で食べた物はどれもかなり塩分控えめだった。ダシの味も控えめである。そしてだいたいの料理がぼんやりと甘い。そこに八角の香りがくわわる。総じて、なんだかちょっと野暮ったいような、素朴な味がした。

 

夜市がおもしろい

台湾では「夜市」という出店があつまっているゾーンがある。日本のお祭りのような雰囲気だ。台湾ではそれが毎日営業されていて、人々の生活の場になっている。特にハレの場ではない。ワイワイしながらも、なんとなくみんなぼんやりと安いメシを食べているのがおもしろい。

 

飲食だけじゃなくて、遊びの屋台も多い。風船がグルグル回っていて、それをおもちゃの鉄砲で撃つ。そんな感じのレベルのものがたくさんある。どこがおもしろいのかさっぱりわからない。やっているのは大人である。

 

夜市は意外ときれいだったことに驚いた。日本でお祭りがあったら、その辺にゴミを捨ててしまう人が多いと思う。でもそういうのは見当たらなかった。

 

酒をあんまり飲まない

台湾では晩酌の習慣がないそうだ。あまり酒を飲まない。夜市でも酔っている人はほとんどいなかった。日本の新宿や渋谷の方が恐いかも。

 

そうそう、さっきあげた「風船グルグル」の屋台も大人がしらふでやっているのだ。より謎が深まる。 

 

スクーターがすごい

台北市内はスクーターだらけ。道路でもスクーターを乗っている人は多いし、そのへんの道ばたにスクーターを停めておけるようだ。

 

自転車は一台も見なかった。ガイドの人が「自転車はエクセサイズをしたい人が乗るだけ」と言っていたのが印象的だった。

 

スーツを着ている人がいない

朝も夜もスーツを着ている人を一人も見かけなかった。ホワイトカラーの人もスーツを着なくていいんだろうか。よくわからない。

 

日本の店がすごい

台北市内はセブンイレブンとファミリーマートだらけである。

見てみるとロイヤルホスト、モスバーガー、日本海庄屋、屯ちん(ラーメン)、骨盤整体のカラダファクトリー、ABCマート、アトレ、どんぐり共和国、と日本の店だらけ。

 

モスバーガーに行ってみたら、やっぱり味付けが台湾仕様の薄くて素朴な感じになっていて、なかなかよかった。

 

がっかり観光地、九份(きゅうふん)

ガイドブックで台湾の観光情報を見ると必ず出てくる「九份」。千と千尋の神隠しのモデルになった、と自称している観光地域である。しかしウィキペディアを見てみると宮崎駿とスタジオジブリが明確に「九份はモデルではない」と否定している。

 

ガイドには、とてもいい雰囲気の写真が載っている。しかしどのガイドブックにもサイトにもほとんど同じような写真ばかりが使われている。数か所、「いい写真が撮れる場所」があって、そこの写真をみんな撮っているのだ。

 

非常に狭い地域に日本人が大量に押しかけるため、かなりキツいことになる。朝の新宿駅みたいな感じである。

 

ハッキリ言って、行かない方が良いだろう。しかし初めて台湾に行くとなると、ここに行かざるをえない気持ちになる。だって、ありとあらゆるガイドブックにお勧めとして載っているのだから……。行ってガッカリするのも、旅の醍醐味の一つかなとは思う。

 

以上、旅の感想でした。今回はゴールデンウィークでかなり料金が高かったけれども、今度は安い時期にもう一度行ってみたいな。普通の時期なら5万くらいで3泊4日行けてしまうようだ。

食事と認識

人間の感覚について考えることがよくある。僕たちが五感を通して感じる感覚は、本当に外界の刺激を認識しているのだろうか。頭の中で作り上げた幻想じゃないのか。

 

恐らくそれらはちょうど半々くらいで、ぐちゃぐちゃに混じり合って、互いに影響を与え合っているだろうと思う。

 

そんなことを考えていたら、ちょうどいいネタ2件降ってきたので記事にしました。

 

r.gnavi.co.jp

 

そばを食べたことがない大人にそばを食べてもらう記事。そばが好きな人は「香り」を感じながら食べている。しかし初めてそばを食べる橋本さんは全くそれらを感じなかったようだ。

 

そばの香りは、とても微細な物。あらかじめ「こういうのが来るぞ」と学習していないと認識できないんだろう。学習前の感想を正直に教えてもらえたのは本当によかった。

 

nlab.itmedia.co.jp

 

嫌いな食べ物が多くて、さらに嫌いな理由を一つ一つ言語化してくれた人の記事。「嫌いな理由」が知識に左右されていなくて、かなり感覚よりなのがおもしろい。たとえば一般に食べ物である卯の花に「食べ物?」って疑問符をつけたり。炭酸水の刺激に対して「痛い」って言ったり。おでんを「くさい」って言い切ったり。

 

この理由自体が顰蹙を買いそうである。しかし、嫌いな食べ物を「嫌いな理由」はあくまでも個人的な物のはず。つまりBさんが正常で、周囲の反応まで考えている方がおかしいのだ。ひょっとしたら、ふだん僕たちは食べ物を食べるときに、かなり周りに忖度しながら食べているのかもしれない。

 

こういうことを考え続けていると、自分はどこまで自分なのかわからなくなってくる。人々のなんとなくの総意や、マナーみたいな物が、常に自分の中に入り込んでいて、取り外しができないのだ。

 

それは当たり前のことなのかもしれないけれども、そう認識しておくことは大事なんじゃないのだろうか。

 

この2つの記事を書きながらそんなことを思ったのでした。

スポンサーリンク