ふしぎブログ

指圧師・ライター斎藤充博の日記

 11月18日ウェブメディアびっくりセールで同人誌「BLってなんだかわからないから自分を素材に作ってみた」販売します。予約受付中

手品師のための即売会にいった


手品師に集団で論破されたい - デイリーポータルZ:@nifty

この記事で知り合った手品師の戸崎さんが主宰している「マジックマーケット」に行ってみた。


マジックマーケットとは、手品師向けの同人誌即売会。

この場合の同人誌とは「手品のタネ」が書いていある本のこと。この業界では「レクチャーノート」というみたい。テクニカルタームですね。


トーマさんのブースで売っていたレクチャーノートは、1冊3000円。高いのか安いのかさっぱりわからない。

試しに「ちょっと中身立ち読みしていいですか?」って聞いたら

「あ、多分一般の人が読んでも全然意味が分からないからいいですよ」とのこと。

読んだら本当に分からなくて、おおっという気分になる。


休憩所で休んでいる人たちは、みんなトランプを出してごちゃごちゃやっている。植田さんいわく

「あれはこの場で知り合った人たちが、お互いに初対面なのに手品を見せ合っているんですよ……地獄でしょ?」

手品地獄……。世の中いろんな種類の地獄があるなあ。


ちなみに、指圧師は初対面でお互いの肩をもみあったりしないし、ウェブライターも初対面でお互いの記事を読みあったりしない。

きっと手品師の人ってそもそもの性質がフレンドリーなんだろう。


最後に野島さんのブースで手品のタネを一つ買って帰宅。1500円。

 

とにかく異世界って感じで、よかった。

スポンサーリンク