読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふしぎブログ

指圧師・ライター斎藤充博の日記

じゃあ肩が凝った時どうすればいいんだよ、という話

前回のエントリで法的なところをだらだらと書きました。結局、法律が全然機能していない業界だってことです。

 

じゃあ実際自分が肩こってしまって、誰かに何とかして欲しい、ってときにどうしたらいいのか。

 

いくら「現代医学サイコー!」っていっても、現実的に病院はこういうの診てくれない。

「治療院」で検索

いちばん間違えないのが「地域」+「治療院」でグーグル検索。「治療院」という名称は国家資格者しか使わない。良い施術を受けられると思う。

そこが個人でやっていて、住宅街の辺鄙なところにあったりしたら、最高。腕だけでやっていけてる証拠です。値段はだいたい1時間6000円くらいで、無資格リラクゼーションとほとんどかわりない。

領収書をもらっておくと医療費控除に使える。

専門学校付属の治療院を狙う

あんま指圧マッサージ師養成学校にはたいてい付属の治療院がついている。そういうところを狙うのも裏技っぽくていい。

施術してくれるのは学生じゃなくて、ちゃんと卒業生。

 

施術はその学校の特徴的な手技をやってくれます。

「吉田流按摩を受けたいから東京医療専門学校の付属治療院に行こう」とか

「浪越指圧を受けたいから日本指圧専門学校行ってみよう」とか

そういうこと考え出したらマニアですね。

視覚障碍者

狙って探すのは難しいけれども、視覚障碍者の方のやっている治療院はちょっと料金が安かったりする。お金がないけれども受けてみたい人はこっちもいい。ちゃんと国家資格も持っている。

ちなみに視覚障碍者の方の施術って少し独特で「力強くこねる」って感じのやつが多い。養成学校でそういう風に習っているんだと思う。

整骨院柔道整復師

ほぼ間違いなく保険を適用してくれる。リスクのあるような施術はしないので安パイだが、自分が健康保険の不正請求に加担している、という意識は忘れないでほしい。

前回も書いたが、柔道整復師は養成学校ではマッサージは習わないので、若い人はものすごくマッサージが下手だったりする。