ふしぎブログ

指圧師・ライター斎藤充博の日記

真鶴一人旅のまね旅

walking-gourmet.hateblo.jp

Takiさんの真鶴一人旅のブログがおもしろかったので、ぼくもまねして一人で同じ宿に行った。

f:id:fushigishiatsu:20170425094732j:plain

みよし旅館。1泊夕食と朝食きで1万円くらいだったか。

f:id:fushigishiatsu:20170425094852j:plain

オーシャンビューである。

 

f:id:fushigishiatsu:20170425094805j:plain

古い部屋なんだけど、夕食がすごい。大量の魚、魚、魚。3人前を一人で食べるような感じ。こんなに食べられないよ(幸せ)。宿泊料の1万円高いかなと思ったけど、これだけ食べられるんなら安い。

 

f:id:fushigishiatsu:20170425095048j:plain

次の日に宿から歩いて真鶴岬まで行った。

 

f:id:fushigishiatsu:20170425092835j:plain

こんな感じの道路を歩く。空気がとてもおいしい。たぶん地形が海に出っ張っていることと、木が生い茂っていることが理由だと思う。

 

f:id:fushigishiatsu:20170425094952j:plain

途中に無人販売所があった。なんか妙な雰囲気だなと思っていたら

f:id:fushigishiatsu:20170425095015j:plain

お金を入れるところがすごくヘンだった。なにこれ……。

 

f:id:fushigishiatsu:20170425095657j:plain

もう一つ、ヘンなものを見つけた。女性の神様みたいな石像の顔だけが自然石になっている。土着の信仰なのか、シュールなアートなのか。全く判断できない。

f:id:fushigishiatsu:20170425093321j:plain

1時間ほど歩くと岬の先の「三ツ石海岸」というところに着いた。

f:id:fushigishiatsu:20170425093400j:plain

島と島の間にしめ縄が渡してある。この景色全体が神ってことなんだろうな。全体的にあの世っぽい。実際、なんかのタイミングで津波でも来たら、もうそれで終了だ。正直この場所は怖かったです。

 

f:id:fushigishiatsu:20170425093702j:plain

変わった質感の丸太。かっこいい。

 

f:id:fushigishiatsu:20170425093733j:plain

時間をかけて曝されないとこんな風にはならないわけで、一種の宝石みたいなもんだと思うけどどうだろう。言いすぎかな。

 

f:id:fushigishiatsu:20170425093805j:plain

岩によくわからない穴が開いてあった。なんだろうこれは。

 

近くにはドライブインのような施設があって、そこには「遠藤貝類博物館」がある。この博物館がなかなか充実していてよかった。貝類についていやがおうにも興味が出てしまうほどの情報量だ。観光地として超おススメ。

 

f:id:fushigishiatsu:20170425101113j:plain

でかいアンモナイトの化石があるのだが

 

f:id:fushigishiatsu:20170425101120j:plain

これが本物か偽物かわからないし、「そんなのどっちでもいいよ」と主張しているのもよかった。

 

以上、一人旅の思い出でした。