ふしぎブログ

指圧師・ライター斎藤充博の日記

 同人誌「BLってなんだかわからないから自分を素材に作ってみた」「ロックンロール短歌」通販中

文体よりもインプットが重要

ウェブ記事を書くときに「ですます調」で書くか、それとも「である調」で書くか。

 

デイリーポータルZでデビューしたので、だいたいのウェブ記事は「である調」で書いてきた。なんなら「ですます調」なんかで記事書けるか! みたいな気持ちがあった。

 

でも、最近「ですます調」で書いているものが多い。それでもちゃんと書けているし、ちゃんと自分らしさも出ているような気がする。これ、どっちでもいいって事なんだと思う。

 

きっと重要なのは、インプットの仕方なんだろうな。取材したときに、何を見て、何を面白がって、何を見逃すか……。ってところに、書いている人のどうしようもない個性が出る。

 

そう思うと、アウトプットのやり方は、一つに決めなくてもいいんじゃないかな。媒体から頼まれればその通りに書けばいいし、自分で決めるんだったら、なんかその時のノリとかで……。

 

なんかそんな風に思っています。(このブログはごちゃ混ぜです)

スポンサーリンク