ふしぎブログ

指圧師・ライター斎藤充博の日記

 同人誌「BLってなんだかわからないから自分を素材に作ってみた」「ロックンロール短歌」通販中

寄稿先を作るにはどうしたらいいのか

ライターの友達とコーヒーを飲んでいて、「寄稿先を増やすにはどうしたらいいのか」という質問をされた。ぼくは寄稿先が多い方だと思う。

でも自分の中でやり方をうまく整理できていなくて「いろいろだよね~」なんて答えてしまった。ごまかしていると思われたかもしれない。

ライターとして寄稿先を増やすにはどうしたらいいか。そもそも、ライターになるにはどうしたらいいのか。自分の考えを書いてみる。

 

実績を作る

ブログを作る。そして自分が書きたいジャンルの記事を書く。おもしろでも、まじめなのでも、なんでも。気楽な気持ちで書いてみよう。

ただし、お金をもらうつもりで書くと良い。気楽な気持ちでお金をもらうつもりで書く、というのは、ライターになる上でまず乗り越えたい矛盾である。とりあえずこれが実績になる。

ライターやったことがない人でも、ライターをしていて新たなジャンルを書きたい人でも、ここから始める。
 

応募する

おもしろ記事だったら簡単。デイリーポータルZの読者投稿コーナーに送ればいい。

オモコロも年に一回くらい新人賞をやっている。そうすると編集者が読んでくれる。

 

寄稿ライターを公募している媒体は意外と多いので、他にも探せばいくらでも見つかる。

アオシマ書店というサイトにライター募集のお知らせ記事が定期的に載るからチェックするのもいいかも。

 

編集者に会う

 直接会って、連絡を交わす方法もある。

ライター交流イベントに行くと、ライターに会いたがっている編集者がすごくたくさんいる。ライターより編集者の方が多いくらいだ。ガンガン名刺交換するといい。

書きたい媒体の中の人に会えたら、後で自分のブログのリンクを添えて書きたいです、と丁寧かつ簡潔にメールをする。

裏技として、編集者の交流会に潜り込むという手もある。ズルいですね。試しにやってみたら、理系学部の女子学生みたいなもので、その場ではわりとモテた。

 

***

 

以上を繰り返すと、寄稿先は増える。ふつうに生活できるくらいまでにはとりあえずいける。

 

ただし、増えすぎるのも考えものだけれども……

 

今はライター業に全然興味がない人でも、急に会社を辞めてフリーランスになりたくなることがあるかもしれない。覚えておくといいかも。

スポンサーリンク