ふしぎブログ

指圧師・ライター斎藤充博の日記

 同人誌「BLってなんだかわからないから自分を素材に作ってみた」「ロックンロール短歌」通販中

食べにくいというスペシャル感

居酒屋でコップからわざと酒をあふれさせて注ぐところってある。適量にしてくれよと思うが、あの飲みにくいのを口から迎えに行くのが、スペシャル感なんだろう。量が多い気がするスペシャル。

 

ところで、焼鳥屋で似たような現象を発見した。

おわかりだろうか。

 

「肉を刺しすぎて持つところがほとんどなくなってしまった焼鳥」である。

 

ものすごく持ちにくい。……だけどスペシャル感だ。串に対して肉が多いから。

 

長い串をあらかじめ用意して食べやすくするのは、ダメなんだろう。不便を感じないとみんなハッピーになれないんだ。

 

スポンサーリンク