ふしぎブログ

指圧師・ライター斎藤充博の日記

 同人誌「BLってなんだかわからないから自分を素材に作ってみた」「ロックンロール短歌」通販中

「密室・殺人」の印象が違った

中学校の頃に読んで、とてもおもしろかったので、文庫を新たに買ってきて再読した。

すると以前読んだ時とかなり印象が違う。理由はすぐ分かった。

この小説は真相の一部が明確には書かれていない。でもふつうに読んでいれば、それがどういうことがわかる。

でも中学校のころのぼくはその真相を理解してなかったのだ。その「真相のわか ってなさ」がこの小説を何倍もおもしろくふくらませた……ってわけ。そういうタイプの小説ね。

ちなみに文庫版には解説がついていて、そのぼかされた真相について明確な論考がされている。でも、それ無いほうがいいんじゃないかなー。

密室・殺人 (創元推理文庫)

密室・殺人 (創元推理文庫)

スポンサーリンク