ふしぎブログ

指圧師・ライター斎藤充博の日記

修行しない

nlab.itmedia.co.jp ねとらぼにプリンターの広告記事を書いた。広告記事なんだけれども、中身は僕のマンガの書き方の紹介だ。 「マンガのデジタル作画」なんというと、非常にハイレベルなマンガを想像してしまう。奥浩哉とか。でもデジタルの機能を全部「描…

人間関係ドロドロファンタジー『さよならの朝に約束の花をかざろう』

(ネタバレなしの感想だけどできれば映画を観た後に読んだ方がいいでしょう) ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 前に観た『心がさけびたがってるんだ』が良かったので観に行った。 今回は完全にファンタジー世界のお話。ファンタジーといってもいろいろあるのだが、ドラクエ…

書籍の作業

去年の12月くらいから本を2冊作っている。5月、6月に発売予定だ。それぞれ違う出版社から違う動機でオファーがあって、こんなことになった。 できれば発売日がもっと離れていた方が、いろいろやりやすかったんだけど、しょうがない。 しかし、そんな本づくり…

おおきちナイト

オモコロやハイエナズクラブのメンバーであるライターおおきち君のトークイベントが阿佐ヶ谷ロフトであった。 会場はほぼ満員。80名ほど入ったという。この日の朝、梅宮達夫がディナーショーをやったというニュースがあった(転んでけがをしたのにショーに出…

「セダン」は普及しすぎている

セダン。それは車の形の1つ。 「セダン」という言葉の意味を知るのはむずかしい。ぼくは大人が日常会話の中で「セダン」って言葉を使っているのを聞いて、そういう名前の車だとずっと思っていた。 社会人になっても「セダン」っていう車があるものだとばかり…

アフリエイトはおもしろい

このブログにはグーグルアドセンスを入れている。そんなに稼ぐようなブログじゃないけど、お金というパラメーターが入ってくるのはおもしろい。PVとはまた別なんだな。 全力で運営したらそれだけで生活できるような感じもある。実際そういう人をネットで見か…

古本屋と出版社

神保町にある出版社にいったら受付に「古書店マップ」なるものがあった。出版社と古本屋って、利益を食い合うものだと思っていたのだけれども、意外と仲がいいのふしぎだ。 神保町という町もふしぎ。交通の便がわるく、出版社と古本屋とスポーツ用品店ばかり…

ツイッターの中に隠れる詩

ツイッターでおもしろいなあ、と思うのは詩を書いている人たちだ。でもそれは一見詩に見えない。ふつうのつぶやきのように見える。 詩には制約がある。文字数がきまっていたり、韻律をつかったり、規定の言葉をつかったりする。ツイッターの詩にはそういう制…

ズッコケ結婚相談所はほんとすごい

児童文学「ズッコケ三人組」を何冊か読み返したのだが、意外と内容がむずかしくて驚いた。 特に『ズッコケ結婚相談所』は両親の結婚と離婚がテーマ。ここで語られている両親の離婚にまつわるエピソードはこんなのぶちこんでくるかという感じ。アルコール依存…

枕カバー

僕の枕カバーを妻が洗ってくれた。うちはわりと「自分のことは自分でやる」的な運用で家事が進んでおり、こういうのは珍しい。 ……しかし、枕カバーである。それを洗うということは……。 「枕カバー、くさかった?」 と妻に聞いてきたところ 「くさくないよ。…

「地獄の釜の蓋が開いた」

「地獄の釜の蓋が開いた」という比喩表現を見かけることがある。「熔ける」という本を読だら、ギャンブルで破滅する人がギャンブルにハマるときにこの表現が使われていた。 意味としては「これからとんでもなく恐ろしいことが起こる」というところだろうか。…

気分転換に山下公園と中華街

気分転換に少し遠出して海も見に行こう、と思って横浜の山下公園に。1.5時間くらいかけて行って、ひとしきり公園でぼんやりする。おだやかな天気で良かった。 食事に中華街のテキトーな店でスーラータンメンを注文する。これがびっくりするほどまずい。山下…

さして親しくない人たちと世間話をしながら昼飯を食べた

初めての人たちと、丸一日かかる仕事をした。お昼に仕事の人たちが弁当をとってくれて(豪華なものだった)、みんなで雑談をしながら食べた。 話題は オリンピック 私の新婚生活 海外旅行に行くならどこか みたいな感じ。 共通点のない人とでもできる、一番…

仕事の後のビールがうまいのが困る

つらい仕事をした後のビールほどうまい。ビールってそういうもんだよね。でも、このことがが最近悩ましく感じる。 逆を言えば、「一日中たのしかった日のビールはそんなにおいしくない」ということなのだ。例えば、旅行の夜のビール、正月で昼から飲むビール…

ゲスの極み乙女。のファンになってしまった気がする

Google Play Musicでゲスの極み乙女。ばかり聴いている。 このバンドは基本的に「器の小さい人間が世の中のことにイライラしている様子」ばかりを歌っていると思う。それが最近の自分の気持ちにすごくフィットする。聴いていて「わかるわ~~~~~それそれ…

雪が降った

東京に記録的な大雪が降った。 わ~~。すごい。

2017年買ってよかった本

ブログの定番ジャンルなんだけれども「買ってよかったもの」を見るのが好き。今さらになってしまったけれども、自分でも書いてみたい。 成り上がり How to be BIG すでに有名な本だけれどもすごくおもしろい。文章がかなりキツくて(矢沢節って感じ)一気に…

「よくねる教」を作りました

昨日、宗教を作りたいというブログを書いた(宗教を作りたい )。しかしふと思ったのだが、宗教はすぐ作れるのではないか。 国に宗教と認められる(宗教法人の設立)のはなかなか大変そうだけど、そこまでする必要はない。なので今ここで作った。「よくねる…

宗教を作りたい

宗教を作りたい。教団の名前は「よくねる教」だ。 よく寝る教の教義はよく寝ること。戒律はよく寝ることである。睡眠は修行である。よく寝ると健康になり、病気にかかりにくく、心が穏やかになる。これがよく寝る教のご利益だ。 ここまでなら、ただの健康法…

THE SHARKEY'S GALLERYのシャツ

きもい服かった 充博 斎藤さん(@mitsuhirosaito)がシェアした投稿 - 1月 3, 2018 at 3:48午前 PST すごい柄の服を買った。 一面のウサギの顔である。 大きさが絶妙だ。これより小さいと模様として認識されるし、これより大きいとイラストとして認識されるだ…

同人誌通販サービス「BOOTH」がすごい便利、便利すぎて謎

同人誌をブースというサービスを使って売っている。これがなかなかすごい。ひょっとしたら同人活動しない人でも使えるかもしれない。 倉庫サービスがすごい 僕が使っているのは倉庫サービスだ。ウェブ上でかんたんな手続きをして、BOOTHの倉庫に送る。すると…

2017年の斎藤充博は本当にウケていた

年の瀬になったので一年の仕事を振り返ってみる。 今年は100本くらい書いていた。 「ふつうの人」の仕事インタビュー なぜか今年はお仕事インタビューをたくさん書いたし、よくウケていた。最近は会話だけで記事を構成するのがはやっているので、その流れな…

子どもの世話を見た

「人は子どもを育てて一人前」みたいなことを言う人がいる。 ともすれば子どものいない人をバカにしてるようにもとれる、イヤな発言だ。 でもこの間、「子育て」を半日ほど取材させてもらって(ウェブ記事にはなりません)こりゃそういうこともあるかもな、…

ゼルダの伝説の追加コンテンツをやる気がしない

ゼルダの伝説ブレスオブワイルドはものすごくおもしろかった。こんなおもしろいものが世の中にあるのかと思ったくらいだ。衝撃だった。 そのゼルダの伝説の追加コンテンツがでた。剣の試練と英傑たちの詩ってやつ。 でも、やってみたら両方ともいやになって…

サウナとテレビ

サウナの中にはだいたいテレビがある。なんでだろう。ない方がいいと思う。 先日、箱根の温泉に行ったときに、うっかりサウナに入ってしまい、テレビを観てしまった。 内容は松居一代の離婚の話をしているワイドショーである。最悪だ。こっちは必死で旅情を…

箱根湯本に日帰り

6月ぐらいまでもうとても忙しくなりそうだ。 今のうちに英気を養おうということになり、箱根に日帰りで行ってきた。 ロマンスカーに乗って、箱根湯本の温泉旅館に行く。そこで入浴する。お湯が優しい感じがして良かった。そばもうまかった。 それだけなんだ…

アプリ「スピーチノート」がいい

androidでスピーチノートっていうアプリを買った。これがなかなかいい。 音声入力アプリなんだけど、google の音声入力よりもずっとよく認識する。一体どういう仕組みになってるんだろうなぁって思う。まあ想像してもわからんね。 なんで音声入力なんかをや…

世界に風穴を開けたamazing quick floor

この記事はヘボコンAdvent Calendar 2017の4日目の記事です。ヘボコン参加のどうでもいい後日談を書きます。 僕がヘボコンに出たのは、2014年に行われた第一回大会だ。 僕は自分の作ったマシンに「amazing quick floor」と名前をつけた。いい名前だ。当時好…

ひとりでサウナ

ジムに行ってサウナに入ったんだけれども、サウナの中に自分1人しかいなくて恐くなった。 自分がなにか調子を崩して、サウナの中で倒れでもしたら、そのまま人生が終わってしまう。 ……という話を人にしたら「そんじゃひとりで入らないようにすればいいんじゃ…

文句を言いたいわけじゃないけど

テレビCMって嘘ばっかりだなあって思うときがある。 たとえば、堺雅人が銀行員になっていたりするでしょう? でも堺雅人は銀行員じゃないよ。 いやいやそれは、フィクションが前提のCMだよって言う人もいるかもしれない。 堺雅人は銀行員の役をしているだけ…

スポンサーリンク